7月 15

エポスカードでお金を借りる方法

●クレジットカードの現金化ではないから安心

 

エポスカードはマルイグループにて発行しているクレジットカードです。ここでご紹介するのは、キャッシング枠を現金化する違法な手段ではないので安心してください。一般的にクレジットカードに付帯するキャッシング枠を利用してお金を借りる利用方法なのですが、エポスカードは利便性が高いところが好評です。

 

利用可能額は審査で決定されますが一般コースで1~50万円、プランニングコースなら1~99万円までになっており、金利は実質年率18%です。消費者金融の最高金利と同程度の水準なので、高めだと考えて構いません。

担保や保証人は必要なく、初めて利用する人には最大で30日間の金利が無料となるのもメリットでしょう。

 

返済方法もシンプルで指定の銀行口座から引落されるので、返済の手間や手数料を削減できます。銀行口座からの引き落とし以外に臨時返済も受け付けています。

 

基本的にクレジットカードのため、リボ払いや利用可能な場所が豊富なのも便利でしょう。割引対応のショップも多くなっています。利用枠に合わせた利用金額を計算していると、返済額のコントロールも簡単ですし、利用者が金額枠を把握しやすいシンプルな使用方法が喜ばれています。

 

ネットの口コミでも利用しやすいなどの回答数が多いので、便利に活用できると判断できるでしょう。

 

 

●クレジットカードの審査でも対応が早い

 

エポスカードでお金を借りるには、まずクレジットカードの審査に通過することが求められます。審査が厳しく時間がかかるのは困ると言う方もいると思いますので、その点を確認しましょう。

 

このエポスカードは、若年層をターゲットにしたクレジットカードだと言われています。そのため銀行系クレジットカードよりも審査基準が緩和していると考えて良いでしょう。

ただ、今までにクレジットカードを持ったことがない、信用情報にマイナス情報が掲載されているなどに該当する場合は、エポスカードでも審査は難しいと思ってください。延滞履歴が多いかどうかも審査で確認していますので、「誰でも通る甘い審査」ではないことを把握しておきましょう。

 

WEBから申し込んで、店頭受け取りなら数十分程度で審査結果が出ますし、配送受け取りなら1週間以内には審査結果がわかって手続きが勧められるでしょう。消費者金融のカードローンとは異なり、一律で最短30分というような審査時間の公表はしていません。

ご紹介している審査時間は、属性の情報が良い場合の最短時間となるため、利用履歴によってはもっと長くかかる可能性があります。

 

 

●誰でもエポスカードが作れる?

 

審査基準が比較的緩和されているエポスカードでも、誰もが利用できるわけではありません。審査を実施して支払い能力や返済能力に問題がないと確認してから、審査の可否を決定しています。

 

ただし、申込条件は「高校生を除く満18歳以上」としか公式サイトに明記していないため、審査対象を把握するのが難しいと言われています。

店頭で申し込む場合は、本人確認書類の運転免許証やパスポート、各種保険証などを持参することは求めていますが、収入証明書類を持参することは求めていません。年収に関する条件を指定していないことから、消費者金融の様に「安定した収入があること」は条件に含めていません。

 

キャッシング専用に使用するカードローンではないことから、審査が厳しすぎて利用できないという不安を感じなくて良い点もメリットだと考えられるでしょう。

 

 

●エポスカードでお金を借りるメリット

 

クレジットカードであるエポスカードでお金を借りるには、いくつかのメリットがあります。

ショッピング枠がありますので、買い物が好きな方が持っているには便利なカードですし、ATM利用手数料が無料になっていることも特典となります。

 

また、バーチャルカードはエポスカードに付加できる機能で、ネットショッピングでも安心なセキュリティー対策になります。

審査に通過してクレジットカードの発行を受けたら、エポスVisaプリペイドカードの利用登録をするだけで、Visa加盟店ではプリペイドカードとして使用できます。ポイント還元率も0.5%付与されるので便利でしょう。現地通貨で海外キャッシングができるのもエポスカードの特徴です。

 

ショッピングだけでなくキャッシングにも対応している提携ATMネットワークが広く、ATM利用手数料が無料です。キャッシング返済もエポスATMなどからできて、ATM手数料がかからないところが便利だと言われています。銀行ATMも含めて全国で8万台以上のATMが利用可能です。

キャッシング方法や返済方法に関しては公式サイトで詳細を確認しましょう。

 

支払や返済の利用状況が良い方には、ゴールドカードへの切り替えも案内しています。海外旅行付帯保険などのサービスが充実しますので、支払いをきちんと管理することでチャンスが増えます。利用額が50万円以下の場合は年会費5000円となりますが、海外に行く機会がある方にはお勧めです。

海外でも国内空港でも、空港ラウンジが利用できるなど、ワンランク上のサービスが利用できるので、使用頻度と金額が多いほど便利だと考えて良いでしょう。

 

 

●借入と返済の利便性

 

キャッシングはエポスATMや提携ATMでも可能ですし、Netキャッシングならインターネット経由で振込キャッシングもできます。また、電話で申し込む振込キャッシングもあるので使いやすいでしょう。振込キャッシングは申込時間によって、振込実施タイミングが変わるため、当日の融資実施を希望するなら平日14:29までに手続きをしましょう。

土日祝日は当日に終始される手配はできないと、公式サイトにも掲載しています。

 

エポスnetから申し込むと、キャッシング枠増額にも対応しています。1週間程度の審査機関があるので、事前に申し込んでおくことをお勧めします。

 

返済は口座引き落としにしておくと返済漏れの不安なく使用できますし、エポスカードセンターやローソンに設置しているロッピーなどを使用すると持参払いにも対応しています。

毎月の返済額はリボ払いで固定金額になりますので、早く完済したいならリボ払い増額申請を依頼しましょう。

返済日のスパンは利用状況により異なりますので、公式サイトで確認して下さい。